ママの目の手術、入院につきそい

ママ、このあいだ、にゅういんして、おめめのしゅじゅつをしたの。

ぼくたちは、しんぱいで、しんぱいで。

でも、ぶじに、しゅじゅつもおわって、かえってきたよ。
ぼくと、あーちゃんは、びょういんにおとまりして、こうたいで、ママのそばにいたんだ。

ママ、「いたかった」っていってた。かわいそう。
でも、「だいじょうぶ」って!

おしょくじも、でてきて、かたづけてもらえて、ありがたいって、わらってた。
かえりたくないって、ワガママいってるし。

ちーすけ 「ママ、あしたは、おとさんむかえにくるから、みんなでおうちへかえろう」「きょうは、のんびり、コーヒーをのんでね」
ママ   「ふたりとも、しんぱいかけて、ごめんね」「ありがとう」

びょうしつのベッドが、ボタンで、ウイーンって。じどうであがったり、さがったりできてね、たのしくてあそんじゃった。かんごしさんたちにおこられないように、こっそりとね。


電動ベッド


あーちゃん「ママとスマホで、おきにいりのきょくをYou Tubeできいてたの」

ママ   「ママ、よくなるために、がんばったよ」「げんきになるよ~」
あーちゃん「おうちにかえっても、ムリはきんもつよ!」「ちーすけ、おうちにかえっても、ふたりでママのこと、ちゃんとみまもってあげようね!」
ちーすけ 「りょうかい!やっぱりママがいないと、おうちはさみしいよ、きっとおとさん、さみしがっていたよ」

ママ、はやくげんきになってね。あたたかくなるころには、ぜんかいしているといいな。
おとさん 「みんなでおいわいしような♪」
みんな  「そうだね!それをたのしみにしよう!」
ママ   「ちりょうもがんばるぞ~」

いろんな「びょうき」っていうものが、あるんだって。ぼくはなんとなくしったよ。
ないているおかあさんもいたし、みみがとおくてこまっている、おばあちゃんもいた。
ねたきりのひともいたんだ。
「けんこう」って、すごくありがたいことなんだ。

ママがおしえてくれた。
でもね、みんなそれぞれあるけど、がんばっているんだって。
ぼくは、すごいなっておもったんだ。